ぽっちゃすぶろぐ

ゲームのことを中心にだらだら書いていくブログ。雑記もあるよ

ぽっちゃすぶろぐ

かまってちゃんの繰り広げる壮大で心温まる人生の冒険記

2017年を振り返る

学会発表の見込みがたったので卒業がついに見えてきました。高校生だったのがつい最近のような気がするといえば嘘になるけど、そんなに遠い昔じゃなかった気がする。生まれ落ちてから24年、ついに独り立ちする時が来たのかと思うと感慨深いです。お母さんお父さん、ありがとう。独り立ちしても1年ぐらいは仕送りお願いします。

 

 今年一番よかった事

就活を無事終えられた事につきるかな。1~3月は就活がうまくいくか不安だったし、「あー、先生の推薦断ってしまって良かったのかなぁ」とか「行きたい業種にはやっぱ実力的にいけないのかなぁ」とかいろんな事で頭がいっぱいでした。

誰からも必要とされないんじゃないかみたいな気持ちを就活でもプライベートでも抱えメンヘラ学生として就活を継続する中で、思いも寄らぬところから内定をもらえて人生わかんねーもんだなぁ と今でも思っています。

推薦を断って違うタイプの企業に進むわけですが、ファーストキャリアの選択として正解だったかどうかって話はあと数年ぐらいたたないとわからないんですが、数年後に振り返って「あのときそうしてよかった」って振り返れる事を祈ります。

今年始めた事

友人の熱い説得の末、ジムに加入しました。9月~12月までで通った数をならすと1週間に1回ぐらいのペースになるのかなぁ。目標体重は達成できなかったけど、なんだかんだ今年でいうと15~20kgぐらいは体重を落とせました。(まだ標準体重には程遠いけど・・・・)

ペース的にはコスパ悪いんですが、「金払ったし週に1回ぐらい行かないとな・・・」というモチベーションで継続できると良いなとは思っています。

プロテインおいしい、おいしいプロテイン たかい ( ´)Д(`)。

今年を振り返る

1年をざっくりと振り返ります。

1月

年明けは、推薦断って苦悩してました。断ったはいいけど、就活おわってみて推薦よりも遙かに条件の悪い会社からしか内定もらえなかったらどうしようとかそんな事を考えていたような気がします。

学生としての本分である研究活動はもうそっちのけで、というか夏頃までそっちのけでいいやみたいな気持ちでした。

2月

就活が始まるという鬱がピークを迎えていました。何しても心ここにあらずって感じだし、初めて出来た彼女との関係もうまくいかなくなりつつあっていろんなマイナスの感情に包まれていました。現実逃避するかのように技術書を消化していました。

3月

開幕してしまった就活。春休みだからまだえーやろ?みたいな言い訳をしつつ過ごしていました。彼女の方はもうラブラブとは言えないような惨状でした。まだなんとかなると思ってたというか、僕がそう思いたかっただけなんだなって。

結局、恋人とは言えないような関係で1ヶ月半が過ぎた後、別れる事になりました。

お互い悪いところはあったんだろうけど、結局はそうやって試しては別れいつかは結婚する人を見つけるもんなのかもしれません。

4月

カレンダーを見返すとなんだかんだ週1、2社ぐらいは就活の予定をいれていたようだ(他人事感)。

本人目線としては、フラれたし、就活もうまく行かねーしで結構辛い時期だったのを覚えています。「誰からも必要とされてないんだ」という就活テンプレ感情を抱えつつ1次面接で落とされるのを繰り返して辛かったです。

とはいいつつ、記念受験だから(震え声)と自分に言い聞かせて選考に参加した第一志望の会社は一次、二次とステップを進めGW開けに最終面接というところまで来ていました。他の会社は一次試験どこも通らないのに人生わからないもんです。

「あ~、今日落ちたらもうこのオフィスに来る事はないんだなぁ」みたいな謎の感情を持ちながら各社の選考を受けていました。

5月

友人に誘われて神田で台湾ラーメン食べたのが良い思い出です。最終面接がGW開けだった事もあり、ソワソワして過ごしていたのを覚えています。

電子書籍でかった英語面接の本は付け焼き刃にも程が有り、スキルってやっぱりその場しのぎじゃだめなんだなという事が身にしみました。

最終面接で、「TCPとUDPの違いは?」という質問に答えられなかったのが良い思い出です。「授業でやったんだけど覚えてねぇ」って冷や汗かきました。

結果としては内定を頂けたんですが、本当ありがとうございます。内定を出した事を後悔させないように頑張りたいと思う所存ですって感じで就活を終えました。

僕を一次で落とした数々の企業の事は今でも覚えていますが、みん就を定期的にチェックしては「あ、この企業は合否連絡するとか言ってたけど、サイレントですよ」と他の就活生の為になる投稿をする生活もここでおわりを迎えます。

6月

経団連スケジュールにおける選考解禁日でした。内定者懇親会が催されて来年から一緒になる同期と顔を合わせました。

一応、囲い込みの一環なのかな?と思われます。「囲い込まれるような人材なのかなぁ、はっはっは」と心の中で思いながら参加しました。

7月

未練たらしく別れた彼女と連絡を取っていた結果、新しい恋人が出来た事を告げられます。相手が悪かったんだ思えるようにいろいろ理由をあげてみたり、でもこう言ってくれたんだからとか自分でそれに反論してみたり女々しく過ごしてました。

結局は相手の気持ちは自分がどう過ごしてようと別次元の問題だし、執着って奴なんですかね。正直、全然吹っ切れてないし一年近くたつ今でも思い出してしまうし、今頃どうしてるのかなぁとか思い出してしまいます。恋愛経験豊富な人はみんな「次の彼女ができたら忘れられるよ」みたいな言葉をかけてくれます。結局そういうもんなのかもしれません。

問題は思春期を迎えた12歳~で数えても12年で1人というペースだった事になります。同じペースだとすると36歳までに彼女1人できるかどうかなのかなとか思ってます。性格を考えてもペースが大きく増える事はなさそうなので、次の彼女ができて元カノへの未練を捨てられるのは当分先になりそうです・・・。

ちょうど紅蓮のリベレーターが発売されました。FF14勢がかまってくれて暖かったです。でもみんなは迷惑に感じていたと思います。ごめんなさい。かまってくれてありがとう。

よく就活は恋愛みたいなもんだっていうけど、言い得て妙だと思います。

どんなにその会社に行きたくても(好きでも)選考を落ちてしまった僕には復活のチャンスがありません。「落ちた企業のことなんてどうでもいいやって思えるのはいつからだろうなぁ」って思い返すと、「あ、内定もらった後だな」って。

だから、次の恋人(とはいかなくでも好きな人)が出来たら忘れられるっていう話もそういう事なのかもしれません。

8月

人生最後の夏休みが開幕します。毎日FFやってた気がします。レイドを攻略しきれた事がよかったです。あとfflogsでサーバー1位詩人に(一時だけ)なれたのも地味にうれしかったです。人恋しすぎてVC部屋から抜けずに人の会話を聞きながら眠っていました。一人ぼっちがつらい。そんな時期だったんです。おかしいなぁ、5年間近く一人暮らしてるはずなんだけどって自分でもよくわかりませんでした。

9月

家族旅行に行きました。旅行なんて気分ではなかったので妹にプランを丸投げしました。後悔しています。でも、両親が楽しんでいたのでよかったです。

房総半島に行こう!って感じにはならないので、良い機会だったかもしれません。ひなびた海岸沿いのホテル街で田舎の海岸って感じでした。どことなく「昭和の時代はにぎわったんだろうなぁ」みたいなノスタルジック?な雰囲気のホテルが多かったように感じます。最大限に褒めてみたけど、早い話ホテルはボロボロでした。ドライヤーが大浴場に2個しかないとかなめてんのかって思いました。

孫の顔ぐらい見せてあげたいなぁと、年老いてきた両親をみてシミジミ思いました。両親は気を遣ってか「孫なんて期待してないよ?」と時々アピールしてくるのできっと孫の顔がみたいんだと思います。

結局、気持ちが沈んでいたので人生最後の夏休みはあまり良い思い出はありませんでしたね。

プラスな事といえば、ジムに行き始めましたことですかね。なんだかんだ9~10月は週2ペースではいけてたんだけど・・・。週1、1時間程度でも定期的な運動をするだけで結構体重は違うもんなんだなぁとか思ってました。家の目の前だったらよかったなぁって思ったり。

10月

内定式がありました。なんか、就職するって実感がわかずに過ごしてきてたんですが、入社に向けた説明とかを受けて「あ~、現実なんだなぁ」という感覚でした。

懇親会で食べた生ハムメロンならぬ生ハムイチジクの不思議な味が今でも忘れられません。

学歴コンプレックスとまではいかないけど、やっぱ学歴あるにこした事はないなって思うんですよね。僕自身の学歴は語れるほどのレベルではないのですが、同期は高学歴が多かったので少し鼻が高い気分でした。(それと同時にやっているか不安も感じますが)

11月

学会の参加締め切りが11月一杯だったのでソワソワしてました。研究って難しい。僕にはアカデミックなキャリアは築けそうにないなって思いました。

でも、博士号とるとミスターだれだれじゃなくてドクターだれだれって名乗れるんですよね。かっこいいですよね。いつか博士号もらえないかな。

12月

修論と学会の原稿を書き上げ今に至ります。去年のクリスマスは楽しかったなとか辛い思いをしつつ過ごしています。来年のクリスマスは楽しくすごせるといいなぁ。

今年やらないといけない大きな仕事はだいたい終わったので、のんびり年明けを迎えたいと思います。

今年買ってよかったもの

今年、かって捗ったもの。うーんなんだろう。キーボードとミルクパンかな。

 かれこれ7年ぐらいrealforceを使っている贅沢学生です。お母さん、お父さんありがとう。ゲーミングモデルが登場するってきてついつい買ってしまいました。次はたぶん普通のモデルを買うと思います。

PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/墨 PD-KB620B

PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT 日本語配列/墨 PD-KB620B

 

 来年からMacで仕事するしなぁって事もあったり、内定式で同期に進められたり、後輩に勧められたりした事もあって、HHKBも買いました。

海外製でしょ?って思ってたけど普通に国産だったし、「realforceがいい!」って思ってたら「HHKBのキーは東プレだよ」って教えてもらって自分のニワカっぷりに恥ずかしさを感じながら買いました。

今年買って後悔したモノ

間違いなくYogibo。衝動買いだから仕方ないんだけどね。

 いや、商品自体に不満はないんです。

でもやっぱ一人暮らしの生活スタイルには中々なじまない。かって2ヶ月ぐらいはゴロゴロすわって使ってたんですけど、最終的にそれならベッドでええやんってなったんです。そして一番使いたかったMacで作業するという使い方ですが、「作業の調子が出てくると2画面欲しい」ってなって結局机でやる事が多くていまいち活躍しませんでした。

ワンルームとか1Kでベッドがすぐそばにある環境なのもいけない気がします。もう少し広い家に引っ越してリビングがあったりすると最高に役立つ時がくるかもしれません。生活スタイル的に昔みたいにゴローっとしてテレビをみる時間が減ったのもあるかもしれません。

あとは、任天堂Switch。

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

 

 ようやく、ほぼ定価で買えるようになったみたいですね。ゼルダ、スプラトゥーン、マリオと任天堂ブランドの暴力でゲームタイトルに不満はないんです。強いていえばスプラトゥーン2やりたくて5万円とかいう転売価格で同交番を買ってしまった事に後悔しています。

そして相性がわるく3D酔いであまりスプラトゥーン2をやり込めなかった事も未練となっています。彼女と遊びたかったワンツースイッチはスイッチが手に入る前に彼女と別れてしまったので、友人にあげました・・・。また彼女ができたら買い直します。

来年の抱負

夏休みの宿題は最後に徹夜するタイプなのですが、人生で初めて?締め切りより遙か先に宿題(修士論文)を終わらせたきがします。修正点は一杯あるけどひとまず初稿が出来たので「あれ?もう卒業に必要な課題ほぼないじゃん」みたいな気持ちで年を越せます。

来年頭は学会発表をして大学院生としての生活を終える事になります。

ひとまず、無事に卒業したいですね。

入社前にクラウド環境を触れるようになりそうなので、時間見つけていじくり回したいなぁって思ったり。「勉強は社会人なってからでいいやぁ」って思ってしまうので意外と勉強しないかもしれません。お金の都合でクラウド環境はなかなか手が出ないので、ほんま御社ありがとうって感じです。

2月は引っ越しでバタバタするとして3月は海外旅行でいけたらなぁって。

性格上、旅行からかえって明日は仕事!とか嫌だし、旅行の前後にフリーの日が欲しいっていうタイプなので社会人になってからは旅行行く気しないと思うんですよね。

高校生の時は長期休暇中は夏期講習とかでいけなかったし、大学入ってからは主催者であるかーちゃんと予定が合わず僕だけお留守番って感じで10年ぐらい台湾に帰ってないきがするので、最後に台湾いくかって思ったりしてます。

(あと、彼女欲しい・・・切実に)

最後に

久々に自分語りすると止まらないなぁってかなり長くなってしまいましたね。

今年も一年おつかれさまでした。来年もよろしくお願いします。

それでは、良いお年を!!!!。