ぽっちゃすぶろぐ

ゲームのことを中心にだらだら書いていくブログ。雑記もあるよ

就活にGGWPしたから愚痴を書く

はいさい。気づけばまた2ヶ月ぐらい更新が止まってしまいましたね。就活で忙しかったんです(ウソ)。正直なところ(良い意味で)こんな形で就活を終えることが出来るとは思ってなかったんですが、人生なにがあるかわかりませんね。進学した結果、2回目の就活活動になったので今日は就活を通して思ったことを吐き出したいと思います。

Tell Me About Yourself

英語面接は思っていたよりハードでした。志望業界・職種としては、SIer系企業受けたり(学部)、WEB系のエンジニア職(院)に応募したりって感じですね。他の業界には当てはまらないかもしれないので、そのつもりで読んでいただければ。

だいたい学部、院と合わせて10社ぐらいしか受けてないので語れるほどの経験はないかもしれないんですけど、就活ってこんなもんかぁって参考になればと思います。

就活スケジュール

運悪く?学部の時は2016卒で、現在は2018卒として就活をしたわけですが両方ともスケジュール変更でめんどくせーって感じでした。18卒はともかく、16卒の時は4~5月にはもう最終面接って所も多く、同期とかはだいたい7月の段階で就活一区切りって印象でした。

実際周りを見てもスケジュール通りに選考してる人を見つけることは困難なので、「企業ごとに違うぞ」って割り切ってしまうのが良いかもしれません。間違っても経団連のスケジュールを真に受けないようにしておきましょう。大半の企業まもってないから・・・。

企業を見つける

とりあえず、リクナビ、マイナビで探すのがメインだとは思います。ただ企業探しの条件みたいなのははっきりしていたので、特に困るみたいなことはなかったかなぁ。

それなりに存在感のある会社は情報発信も積極的なのでデベロッパーブログとかスラドとかに公開されてる資料とかみて会社の雰囲気を探っていました。

リクナビ・マイナビ

数ある就活サイトの中でも2大サイトかな。多くの企業ではリクナビ・マイナビのシステム使ってる場合も多く登録は必須だと思います。(あらかじめ指定されたサイト経由で選考受けろって場合があります。)

登録自体は必要だと思うけど、鬼のように量産メッセージが届くのでメルマガは拒否っておきましょう。

説明会

基本的に参加してました。面接の対策でつかえるような話を聞けるケースがあるので、とりあえず出ておくのが無難かと思います。

スクエニの説明会にも出ましたけど、MMOはドラクエ10の話がメインでさみしかったです。

あと、基本的にはポジティブな情報しかいわれない事を考慮しておくことが大事ですね。まぁ、企業も説明会で話し盛るんだから、学生側も気兼ねなく面接で話し盛ってええんやで^^って事で。

WEBテスト・性格診断

とりあえず、テストセンターまで片道1時間かけて15分で終わるみたいなテストがあったんですけど本当に気分わるいわってなりました。簡単なものならそれこそWEBテストにしてほしかった。

あと性格診断とかいうイライラ棒試験必要ですかね?。これに関しては実際どのように使われているのか人事の人の話を聞いてみたいですね。

テストセンターも予約満杯だと受けられないので締め切りに注意しておきましょう。。企業に指定された締め切りが近づいてるけど予約いっぱいで受けられないとかって事がないようにしておきましょう。

技術試験

むしろ、ある方が珍しいレベルですかね。僕も一度だけ受けた事があります。こういうのがあると技術試験だめだったら諦めつくなって感じで気軽に受けられるので僕は大好きです。

事前にオンラインでとく課題と指定された課題を持ち込んでの技術面接がありました。

オンライン課題は仮想サーバを借り受けて、ちょっとしたAPIを実装する感じのものでした。人に相談するのはNGだけど、調べ物に関しては自由なのでその辺は実情に沿ってるなって思いました。(仕事の時ググらないやつおらんやろ?と思うんだけどどうだろう。)

調べてコピペすれば動くレベルの問題でもいいから、未経験者歓迎とかしてる企業は簡単なプログラミングテストでも導入するとお互いのミスマッチを防げる気がします。

面接とか

スーツ用意するのも着るのも面倒で私服面接サイコーって感じでした。なんかスーツ着ると変に緊張しちゃうのは場数がたりなかったんだろうなぁとしみじみ。

面接に対する不満といえば、「しぶしぶ面接してます」みたいな空気だすのやめてほしい。まぁ組織の都合でしょうがなく面接官してるのかもしれないけど、仕事なんだから、そういうのは心の内にしまって対応してほしいものです。

あと複数回の面接があるならどこかで現場の人を面接官として割り当ててくれるとうれしいなぁって思ったり。(お互いのミスマッチを防げるよね)

あと、事前連絡で言われた内容がしっかり面接官と共有できてないのもやめてほしい。「~~もってきました?」、「え?初耳ですが?」みたいな事がまれによくあります。

結果連絡

だいたいメールでしたね。最終面接だけは内定なら電話、お祈りならメールってところが多いらしいです。過去に、一次から合格もお祈りも電話って企業があったけど、丁寧な対応ではあるんですが結構気持ち的に微妙な心境になったなぁ・・・。

不満があるとすればサイレントお祈り。今時メールですむんだし送れないはずないよね?っていう。それすらも出来ないリソースならまず、募集人数の規模が会社のリソースに見合ってないと思います。

というか、「合格者にのみ通知します」と行ってくれればお互い嫌な気分しなくてすむのに何のメリットがあってサイレントお祈りを採用するのか純粋に知りたいのですね・・・。一定数あるって事は企業側になにか利点があるのでしょうか?。

まとめ

まぁね、一ついえるのは結局運なんですよ。その時々でチャンスを生かせるように日頃から準備しておくのは当然として、最後は面接官がどう感じるかだと思うんですよね。

あと、選考に落ちた時に「あそこだめだったかな?」とか考えちゃうけど向こうがどういうハードルで選考してるかなんてわからないんですよね。なので、やっぱり気持ちを切り替えて次にいくポジティブさはとても大事だと思います。

選ばれる側なんですけど僕たち就活生の方も会社を選ぶ立場なので、「こんなクソ野郎いる会社とか未来ねーなぁ」ぐらいの気持ちで面接に挑めると良いかもしれませんね。